We have jointly developed a frame

for PocketQube with Ishitoshi

Machining Inc. and mounted it on

LibertyQube-1

This frame will be exhibited for reference

at the U.S. small satellite conference

at Japan booth.

PocketQube用フレームを

石敏鐵工株式会社様と共同開発し、

LibertyQube-1に搭載しています。

このフレームは、

​米国小型衛星カンファレンスに

参考出展する予定です。

LibertyQube-1 is the PocketQube Satellite.

PocketQube is an ultra-small satellite

measuring 5 cm cube and weighing less than 250 g.

PocketQube is even smaller than CubeSat.

We have jointly developed a frame for PocketQube with Ishitoshi Machining Inc. and mounted it on LibertyQube-1.

This frame is made of aluminum alloy A7075 and is strong and lightweight(10g).

A7075 is called ultra-super-duralmin and was developed during the wartime in Japan and used for fighters.

The satellite must withstand the shock and vibration of the rocket launch.

At present, it is difficult to make with a metal 3D printer.

And it is eco-friendly at low cost because it can utilize the rest of the CubeSat frame.

LibertyQube-1はPocketQube衛星です。​

PocketQube衛星は、サイズ5cm立方体、重さ250gの超小型人工衛星です。

CubeSatより更に小さいです。

PocketQube用フレームを石敏鐵工株式会社様と共同開発し、LibertyQube-1に搭載しています。

このフレームは、アルミニウム合金A7075を削り出す工法で作られており、強固で軽量(10g)です。

A7075は、超々ジュラルミンと呼ばれ、日本で戦時中に開発され、戦闘機にも使われました。

​人工衛星は、ロケット発射時の衝撃、振動に耐えなければなりません。

​現状では、金属3Dプリンターで製造するのは難しいです。

​そしてCubeSatフレームの残りを使えるので、低コスト、エコです。

PocketQube frame.png
LibertyQube-1_prototype_1.png